プロフィール

ミスター・カエル

Author:ミスター・カエル
暇な時、ものっすごい暇な時に、チラ見する感じで見始めて、最後はガン見してるみたいな。結局は変態と同じじゃねーか。という感じで見てくれればいいかと思います。

遊び半分なブログ。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と影

ヒーロー戦隊は5人と決まっているのだろうか・・・。


自分はヒーロー戦隊の5人の中の1人で、リーダーをやっている。

子供達に子供達の憧れの的であり、これほどかっこいいものはないだろう。

内の親も喜んで、親戚やご近所に自慢してるくらいの名誉である。


しかし、私は今、ものすごく悩んでいる。

特に大きな悩みといえば、リーダーなのに5人の中で一番弱いことだ。

僅差でとかじゃなく、比較してしまえば、その差は歴然である。


戦力でいえば、最初に出てくる下っ端の数人の敵1人と、サシでやっても勝てるかどうかと言った感じである。

正直言うと、他の4人に任せ切っているところがある。

基本的に見てるだけと言った方が簡単だろうか。

だが、とりあえずは現場には居り、群がる敵とヒーローの合戦の中に一応交ざっているのだが、

とにかく他の4人の邪魔にならないように移動しながら、とりあえず構えたり、走ったりしているのだ。

スポーツの試合で、まだよくルールとかわかってないのに試合に出されてるみたいな感じだ。

大体、フォーメンションとかもよく分からない。というか知らないし。

他の4人だけで集まってミーティングしたり、連絡取り合ってるらしいが、

私はどうしたらいいんだ。頼むから教えてくれ。


たまに現場に駆けつけたときに、もうすでに4人だけで敵と戦ってたりする事もあるからね。リーダーの到着を待たず。

私は、わからないようにその中にフェードインして行くみたいな感じだ。

そしたら、途中で仲間に二度見されたりとかしてね。敵と間違えて攻撃されかかった時もあった。


このように完全に私だけ浮いてる。とても肩身の狭い思いをしてるのだ。


言い忘れたが、色の配役でいえば、『レッド』『ブルー』『グリーン』『ピンク』ときて、

そして私は『ゴールド』である。

弱いのに、目立って仕方がない。しかも何かピカピカしてるし。

これは嫌がらせなんだろうか。

でも、敵もこの派手さに、強いと勘違いしてなのか、迂闊に近寄って来ないのは得策だったが。

しかし、精神的なストレスが半端じゃない。荷が重いのだ。


又、給料も結構良いというのが、また辛いとこである。

何だろう、この罪悪感。


これでも、自分なりにがんばっていることもある。

対立する敵とも積極的にコミュニケーションを取ったり、手みあげなんかを持って示談に運ぼうとしたり、

だが、それが逆に反感を買って、集中攻撃されたりした。


雑誌の取材でも一番熱く語っていたのに、その雑誌見たら、無口だったからね。全部カットされてて。

掲載写真も全然写ってないし。修学旅行の写真で隅っこばっかり写ってる子みたいな感じで。

親も心配して電話してきたわ。



というか本当に私は要るのか・・・。

期待の新メンバーが紹介されるのも時間の問題だ。

いつ上司に肩を叩かれるのかと、常にビクビクしている。

いっそのこと、自分から辞表を出そうかどうかも悩んだ。

でもこの不景気の中、就職先など見つかるのかと考えれば、やはり不安だ。

もう来年、42歳だし。


どうしたらいいんだろうか・・・。

まぁいいか、これで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。