プロフィール

ミスター・カエル

Author:ミスター・カエル
暇な時、ものっすごい暇な時に、チラ見する感じで見始めて、最後はガン見してるみたいな。結局は変態と同じじゃねーか。という感じで見てくれればいいかと思います。

遊び半分なブログ。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK SOUL VITALITY

プロレス メインイベント

デーモン斉藤vs小田和雅


15:08 デーモン斉藤、腹痛により棄権。

小田和雅不戦勝。

また、小田和雅はこれで50不戦勝を成し遂げ、花束贈呈。

時間が余ったため、小田和雅は十八番の『秋の気配』をリング上で歌った。

16:00 終了。


16:05 デーモン斉藤は腹痛が治ったので「闘わせろ」と暴れだす。

記者達の冷たい視線が飛ぶ。

それを宥める後輩達も不機嫌な顔をしている。

記者のインタビューの問いに、「闘れば勝っていた」「腹痛にさえならなければ」「雨でお腹が冷えた」を繰り返していた。

16:30 小田和雅、帰省。

デーモン斉藤、また「闘わせろ」と暴れだし、誰も居ないリングに飛び出す。

記者達の冷たい視線が飛ぶ。

後輩も舌打ちながらに止めに入る。

勝者の小田和雅は早々と帰ったため、デーモンが雑誌取材を引き受ける。

デーモン斉藤は生い立ちを涙ながらに語った。

取材者、半目状態。

小田和雅との再戦を希望し、「これで勝ったと思うな」をタイトルにでかでかと載せろと吠えたぎった。

後日、雑誌の四コマ漫画の横に載せられた。





それから1ヵ月後-

デーモン斉藤vs小田和雅の再戦が行われた。


デーモン斉藤、頭痛のため棄権。

小田和雅は十八番の『Yes-No』をリング上で歌った。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。