プロフィール

ミスター・カエル

Author:ミスター・カエル
暇な時、ものっすごい暇な時に、チラ見する感じで見始めて、最後はガン見してるみたいな。結局は変態と同じじゃねーか。という感じで見てくれればいいかと思います。

遊び半分なブログ。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペレーション

私は結構大きな大学病院の外科医をやっている。35歳、独身。

そして私は今、飛行機のコックピットで操縦機を握っている。

なぜ、こんな事になってしまったのか・・・。

それは数分前、

私は海外の医療技術を学ぶため、アメリカ行きの飛行機に乗客として乗っていた。

すると奥の方で客室乗務員のスチュワーデスが乗客に向かって何かを叫んでいた。

少し焦っている様子から見て、少し見当は付いており、

近くに行ってみると「~は居りませんか?」と聞こえたので、

私は医者を探しているんだと確信し、「はい、私がそうです」と堂々と手を上げて応えた。

前々から、ドラマなどでこういうシーンがあるのをを見ていて、少し憧れており、

私ほどの腕があれば、どんな状況化にあろうと難無くこなしてみせる自身はあった。

そしてそのスチュワーデスさんは「よかった、すぐ来てください」と言ってきた。

「あの、ちなみにどの位の経験をお持ちですか?」と焦り混じりで聞いてきたので、

私は安心させるため「15年近くやっておりますので、大丈夫ですよ。」

「自慢で言うんじゃありませんが、周りからは”プロフェッサー”と呼ばれているんですよ。はっはっはっは」

その堂々と構えた姿勢にスチュワーデスも感銘を受けたようだった。

ふっ、惚れるなよ?


いざ、連れて来られたのは操縦室であるコックピット。

まさか、パイロットが倒れたのだろうか?と思うや否や、

「どうぞ」と操縦席を勧められた。

意味が分からず、訳を聞くと、

操縦士である機長が、急にパラシュートを付け、ドアからスカイダイビングし、

地上に消えて行ったというのだ。

いったいどういう事だ。

そして、もう1人の操縦士、副機長はまだ新人で操縦も充分に儘ならないというので、

乗客からパイロットを探し出して来たという。

まさかさっきは「お客様の中にパイロットは居りませんか?」と言っていたのか・・・。

とんだ間違いをしてしまった・・・。飛行機だけにじゃないぞ。

とりあえずこのままパイロットの振りを続けたら、とんでもない事になる。

三谷幸喜作品のようにはいかないぞ。

と、間違いを公言しようとした時、


スチュワーデス「この方はかなりのベテランでして、”プロフェッサー”と呼ばれる程の実力者なんだそうです」

副機長「へぇぇ、飛行操縦のプロフェッサーか。かっこいいぜ」


・・・・い・・言えない。

調子に乗りすぎて、色んな事を喋ってしまった・・・。

それにスチュワーデスのあの安心しきった顔。

多分、乗客中探しても見つからなかった時に、私が名乗り出たもんだから、

救世主的な目で私を見てしまってるんだろう・・。


私は何も言えず、操縦席に座ってしまった。

普段、メスぐらいしか握ったことのない私が、操縦機を握る羽目に・・・。

普通免許で大丈夫なのだろうか?かもしれない運転とかで・・・。

何だこの操縦機の形は?ワケがわからん・・・・。

副機長「おお、操縦機を握る姿も貫禄ありますね。さすがプロフェッサー」

適当な事言ってんじゃねぇよ!外科医だっつーの、私は!

しかし、私はいったいこれからどうすればいいのだ。

色んなボタンとかあるけど、これはヘタに押さない方がいいな。

でも、とりあえずもう1人操縦士はいるんだし。

新人と言えど副機長なんだから、もしもの時はコイツに頼ればいい。


それに何か適当に動かしてるけど、上手く行ってるようだな。

というか自動操縦だし、あんまり動かさなくてもいいみたいだ。

何だかわからんが、いけそうな気がするぞ。


副機長「いやぁ、しかし僕は着陸の操作が難しくて苦手なんですよねぇ。でもプロフェッサーと呼ばれるほどとなると軽いもんなんですか?」

「ん・・・?まぁ・・・まぁね・・」

そうか・・・!着陸があったんだ・・・・。まずいぞ・・・。

スチュワーデス「どんな着陸をするのか見てみたいわ」

何でお前はまだここにいるんだ・・・。

お前が居る事でいざという時、嘘をバラしにくい・・・。


どうしよう。どんな状況下でもこなすと言ったが、これはどうしよう・・・?

ああ、どうしよう・・・。



 つづく (かもしれない)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。